カテゴリ:つれ( 47 )

HPの引っ越し。

HPの引っ越しをします。
遅々として進んでいないHPで作っている途中ですが、全体像は出来てきたので引っ越しです。
今後はこちらからhttps://sapporo-yoga.jp/で更新してゆきます。
徐々にブログの引っ越しも行います。完全に移行した時点でお知らせいたします。
よろしくお願い致します。
ふく。

[PR]
by studio-kaya | 2018-08-31 14:16 | つれ
RIMYI&別会場で行われた「JAPANESE INTENSIVE」は先日終わりました。
開催中は多くの方から、「ふくちゃん、ああやで、こうやで!!」と色々な人から連絡を頂きました。
次回は絶対参加したほうが良いと伝言まで。
来年は3月に開催です。今回の参加者数を考えると次回は。。。善処します(笑)

僕は今回インドに呼ばれませんでしたが、参加した生徒さんからも連絡を貰っていました。
僕が行けなくても、向上心のある生徒さんが励んでくれるのはとても嬉しいことです。
これまでとは違い視野も広がったことだと思います。
土産話が楽しみです。

CV(コンベンション)、WS(ワークショップ)など、参加することでASANAの練習方法など以外にも分かることが沢山あります。
そして感じることも。
日本の生徒が海外のCVやWSに参加するのは、社会的な部分で大変だと思います。
しかしながら大変にしているのは、もしかしたら自分自身かもしれません。
可能性があるなら1年後あるいは2年後の目標にして、今の仕事をしてみても良いのかと思います。

そして夢も大事かもしれませんが、目標はとても大事です。
紆余曲折しながらもこの道を選んできましたが、今では先を見れるようになりました。
人に聞かれる事もありますが、僕の当面の目標は。。。。
教室で話しているし、ここでは秘密です。

RIMYIの出入り口横にあるようです。
d0357278_17340269.jpeg


これは看板&上の部分。普段は下の看板部分しかありません。懐かしい。
d0357278_17344669.jpeg


こちらは別会場の舞台だそうです。
d0357278_17342212.jpeg


[PR]
by studio-kaya | 2018-08-19 21:27 | つれ

Zubin先生の動画です。

素晴らしい動画を見つけたのでUPします。
頻繁に話もしていますし、テキストを持っている人、コンベンションやワークショップを受講した人もいると思います。
Gurujiの意志を継いでいる素晴らしい先生の一人です。Zubin先生はこんな人です。

[PR]
by studio-kaya | 2018-08-02 23:14 | つれ
札幌に来て11年。
教室も7月31日で11年目になりました。
紆余曲折しながらも道を見出して目標にはこれから向かう感じです。

先生には2~3年前から「名前を変えて心機一転進みなさい。」と言われてました。
名称も決まっていましたが、HP制作の段取りでとにかく進んでいませんでした。
HPを待っていたらいつまで経っても無理だと思い、7月31日をもって「札幌 ヨガ スタジオ」になります。
先生が名付け親ですが、なんとわかりやすい。
と言うより、アイアンガーヨガでよく言われるのは、その地域に密着して指導してゆくも大事だとされています。
なので、先生は自分の生徒たち(先生たち)には、その土地の名前を教室名にするのを推奨しているようです。
我が兄弟には「アイデンティティーが無い」言われましたが、その必要は無いです。

経営的には名称は大事ですが、自分とっては何を伝えたいかが問題です。
アイアンガーヨガを教室名に付けるには、まだまだ足りてないので。
それはさておき、名称変更とともにHPを更新予定でしたが、いくらプロと言え身内に頼むと全く出来上がってこない。
なので、簡単に自分でHPを作っていましたが、Sushama先生のWS後は、テキスト作りや教会の企画広報委員に推薦されその業務などが重なり、遅々として進まず今に至ります。
遅くともお盆明けにはアップします。そしてブログも引っ越し予定です。
「kaya」の名を気に入ってくれている皆には悪いですが、スタジオというより道場なので良しとしてください。

本当にいつも支えてくれている生徒たちに感謝しています。
いつも、はじめの一歩です。ともに学んでゆきましょう。
福井

[PR]
by studio-kaya | 2018-08-01 00:00 | つれ
クラスの合間に太陽の塔に行ってきました。
数か月前から予約しては取り消しを繰り返しましたが、今回はようやく機会がありました。
やること多いので教室からあまり出ることなく、近郊で用事を済ませて、終わったら速攻で空港のパターンです。
それでもクラス終わって、お茶頂くこともなく速攻で地下鉄に飛び乗りました。
現地の万博記念公園の近くまで来ると、遠くからでも黄金の顔が見え、初めて見る僕には感動、圧巻ものでした。
関東以外の人が東京タワー見るのと同じ?いや、それは優に越えてると思う。

灼熱のアスファルトも早歩きで進みます。
以外にも他の人より汗だくじゃない気がする。
万博公園に入ったとたん、目の前にはそびえ立つ太陽の塔が!!
芸術は爆発だ!!なるほど。なるほど。
現地着が13:36、20分前到着と書いてあったけど、14時からだから余裕のはず。
バーコードでチケットを発券。14時でもすぐに中に入れられる。
受付も狭いし、内部は建築法など?で人数制限もあり、内部手前で待たされる仕組み。

そこには地底の顔というものが展示されてありましたが、当時の撤去作業から行方不明らしいです。あんな大きな物が無くなる?ほんと?
そこから先は16名ずつ内部に。中は生命の樹というものがあって、入口そばからアメーバやシダ系の植物、階段を上がってゆくと三葉虫やらサソリ、徐々に恐竜やゴリラになってゆきました。内部展示物は290個位と言っていましたが、当時は220個位と聞きました。
当時の展示物より、当時の展示物を再現した物が多かったようです。
最上階に行くと「太陽の顔」の高さにたどり着きます。
ここまで階段です。当時はエスカレーター移動でしたが、建築法&強度稼ぎの為か撤去して階段になったそうです。
この最上階は美しかったです。太陽の塔の両翼(腕)の内部が引き込まれるような感じでした。
画像は何かで見れるのでは?

当時は左腕は非常階段で、右腕の内部にもエスカレーターが設置され、そこから外に出たそうです。
え~~。腕から外出たの?驚きますよね。
それもそのはず、当時は太陽の塔の周りに会場というか、施設が設置されていたそうです。
これは見ないとわからないので、サイトから勝手にですがお借り?したものを下に出します。
最上階後は別の階段で下に降ります。
途中は少しだけ建築当時やデッサンが概要が出ていたりしました。
この万博では「芸術が未来を進歩させる」のような感じだったようですが、岡本太郎は「人間であることに誇りをもって、生きていることを爆発させる。」のような文言(なんだか急いで出ないといけない雰囲気で曖昧ですみません。)で、未来だけ見ていた万博とは違う目線で太陽の塔を作ったようです。

生きていること、その情熱なくしてこの芸術は生まれなかったと思います。
僕らも情熱をもって、アイアンガーヨガに取り組みましょう。
日本で生きているならU○Jとかではなく、一度は足を運んでみれば?
ちなみにお土産グッツは太陽の塔のキーホルダーとかで、それが長いし大きいから購買意欲が上がらず、先生の所に直行しました。
先生はこの万博に行ったそうで、そんなの知らんの?と当たり前のように言われましたが、「え~!!」1970年は私は爆発させるような生命を持ってませんでした。(笑

正面(画像で見るのは勿体ない。ド迫力でした。)
黄金の顔は未来を象徴し、太陽の顔は現在。
d0357278_07390944.jpg
横から
d0357278_07393058.jpg
当時の会場の一部(ここまで繋がっていたみたい)
後ろの顔は過去を象徴している。ヤ○キーの兄ちゃんの背中みたい。
d0357278_07394910.jpg
当時の写真(すみません。勝手に使用)
あの両翼にエスカレーターや、非常口があったとさ。
万博行きたい!!
d0357278_07401633.jpg

[PR]
by studio-kaya | 2018-07-23 23:57 | つれ

今日から大阪です。

札幌も夏らしくなりましたが、今日から恒例の大阪です。練習に励み皆さんも暑い夏を満喫してください。先日富士山に登ってきた生徒さんから画像が届いたので、張ってみます。
山には全く行けてませんが、僕の山行予定は北岳かなぁ。
d0357278_16293054.jpg

あとは新千歳空港まで間にあった牧草ロール達。今年の北海道は異常気象らしく、農作物に影響がとてもあるようです。牧草ロールに関していえば、今年は牧草が枯れないとのことで、刈ることが出来ず困っているとのことでした。詳しくないので、何とも言えませんが。近郊であまり見た覚えがなかったので。面白いネタがあった際には、アップします。
d0357278_16295094.jpg


[PR]
by studio-kaya | 2018-07-21 11:49 | つれ
報告遅れましたが、日曜日参加して頂きありがとうございました。
お茶会も予想外の豪華なお茶会になりました。
今年はグルジーの生誕100周年の話はしているので、ご存知かと思います。
それもあって企画を行いました。
昨年、先生の教室では一週間で全生徒と行っていたので、僕の教室でも翌日参加した生徒さんとも献身的に行いました。

今度はグルジーの生誕100周年の企画も考えてます。
その際には早めにご連絡いたします。
スタジオと言うより道場がお似合いらしいですが、その時には皆で楽しみましょう。

[PR]
by studio-kaya | 2018-06-25 22:34 | つれ

昨日は練習中に地震

これから札幌に戻ります。
今回は神戸空港より札幌行きです。
神戸では何事もなくスムースにチェックインも出来ました。

昨日は7:50位には先生の教室で練習が始まりました。
と言えども、練習に来るのが早い方と2人でしたが。
プロップスの準備を一通りすませ。
僕はHanging Uttanasana、別の方はBack Benderの準備をしている時です。
階下から突き上げるような、激しい揺れと言うより衝撃でした。
携帯電話は警報が鳴りだし、その直後横揺れ。
僕はグルジーのサインがある壁の柱にしがみつき、もう一人は台所横扉近くに踏ん張りました。
幸いにも長い時間揺れる事ありませんでしたが、玄関戸を開けたり、服を着る準備したり。
これから何が起こるのかと準備しました。
そのまま外に出たら、ちょっとした変態な装いなので。
もう一人の方は、お店をやっているのでクラスに出ることなく、急いで帰宅しました。
と言っても、電車止まってるからどうしよう?な感じでしたが。
歩きか、タクシー拾えたらと言って出て行きました。
教室に居る僕は外で何が起きているか知らず、電話番しながら練習始めました。
比較的近くの生徒さんは自転車や車でやってきました。
電話してくる生徒さんは、電車が止まって降ろされた等で参加できないとの連絡も来ました。
今日も含め各地の生徒さんに会いましたが、それぞれが大丈夫ようで皆で安堵しました。
僕と先生が用事で出かけた際にも、岸和田まで帰れないと言っていた人とも会いました。
会った所から岸和田まではかなりの距離です。それでもタクシー待ちしてました。

新聞を読んでさらに事の次第もわかりました。
かつて無い経験でしたが、いつも備えは必要と実感しました。

飛行機出るので、ここまで。
明日は通常通りです。楽しみましょう。

[PR]
by studio-kaya | 2018-06-19 17:41 | つれ

練習と意識

来月は更に練習時間を設けようと思います。
今日は寒いですが、日の入りも遅くなったので練習に通いやすいですし。
もちろん自宅で練習してもらえれば良いですが、教室は道具があるので復習しやすいと思いますし。
自身の記憶に対しても不安があると思います。皆で熱心に練習してもらえればと思います。

以前も書きましたが、クラスは自身のものではありません。
あくまでも僕が学んできたものをシェアしているだけです。
それを咀嚼するには時間も掛かります。
クラス中だと言われた事をこなすだけで終わってないでしょうか?
その時に意識はどこまで広がっているでしょう?
中指の事を言えば、中指だけに意識が向き。
マウントと言えば、そこにだけ意識が向いていないでしょうか?
どの先生も言われます。Tadasana。基本のシンプルなアサナですが、とても難しいアサナでもあります。
いつもTadasanaを忘れず。

木を見て森を見ずとよく言われます。
昔、沢庵和尚が言った言葉で「千手観音には手が千本あるが、もしその弓を持つ手に心がとまれば、残る999本の手は役に立たなくなるだろう。」
同じように意識はどこにあるかです。
もちろん千本の手が自由に動かせながら、意識はそこに留まってない状態に成れば凄いですが。
クラスでは言われていることに対し反応して、1本の手しか見えてないかもしれません。
自身の練習はどうか考えてみてください。
僕の場合、Sushama先生に頻繁に言われる「No Fighting!!」を実行し、前側部分だけの練習にならないように。。
歩みはゆっくりでも進んでます。ともに励みましょう。
d0357278_09472504.jpeg

[PR]
by studio-kaya | 2018-06-12 23:55 | つれ
アイアンガーヨガでは沢山のprops(道具)の中でも、幾つか頻繁に使用するpropsがあります。
その一つにベルトがあります。
ベルトも今日ではどのヨガスタジオでも置いてあると思います。
一般的に販売されているのは長さや幅が違うと思います。
うちの教室でも大まかに4種類程、長さの違うものがあります。
幅が少し違う物も。
アイアンガーヨガ標準とされている長さで一通り出来るのですが、それをベースにとても長い物、短い物があります。
使い方は多種多様!
生徒の状態に合わせ指導しなければなりません。
勉強に終わりはありません。
そして勉強&練習を深める為に、今回は欲しかったベルトがやってきました。
教室であるベルトで何とかやってましたが、これは専用的なベルト!!
見て違いが分かり、使い方が想像できれば勉強&練習がしっかり出来てます。
画像はこちら。さてどれか分かりますか?
d0357278_00104483.jpg


[PR]
by studio-kaya | 2018-06-08 23:58 | つれ