再び大阪です。

今日からは先生のところで勉強なので、大阪に戻ってきました。
札幌出てからとても寒い日が続き、今日も寒いですね。
北海道では-33℃になった所もあるとか。。。
あれって、皮膚が瞬時に凍る感覚ですよね。

アイアンガーヨガでは皮膚を「引き上げる、広げる」と言ったりしますが、あれの場合は自分の意思を超えて皮膚が収縮する感覚ですよね。
最近では-30℃なんて体感してないから、聞いただけでも恐ろしいです。
それでも経験してるから、やっぱり感覚は覚えてます。

アイアンガーヨガの勉強では、コンベンションやワークショップ、クラス含め、ノート書きが大抵禁止(9割位!?)です。
ノートを書く事より、体感することがとても大事だからです。
記憶も長期記憶と短期記憶とありますが、体感したことは長期記憶になりやすいのかな。
ちょっとした時に思い出すのです。

それでも僕みたいなタイプは終わった瞬間から、砂時計のように瞬間の記憶(短期記憶的な?)が流れていきます。
だからこそ、終わった瞬間にヒントになるノート書きをします。
それでも体感しておかないと、ノート書きの際に思い出すことが出来なかったりします。
体感しておくとヒントだけでその時の状況も思い出せます。

先生が言ってたことですが、クラスのすべてを理解しようとしなくて良い。一つだけでも良いと。
それが大事だと思います。自身の経験や容量を超えて理解しようとしても、逆にわからなくなります。
足し算分かる前に、同時に掛け算やるようなものです。やり方分かっても、なぜその様になるか分からない。
経過が分かると、割り算の際も理解が深まります。

すべてはリンクしている。
体験しておくことで何にリンクし応用できるか、練習と共に分かるようになります。
地味である必要は無いけど、地道に正しく進むしかないです。
それもシークエンスです。
もちろん向上を忘れてはならないけど、アサナも出来る出来ないは身体レベルでも変わってきます。
それでもアサナを行ってゆくことで感覚が変わり、向上することは出来ます。
少しでも分かると面白いですよね。
今日も勉強してきます。


この位の雪で関東より西はパニックです。
知らないおじさん撮ってみました。iPhone 凄いな~
d0357278_10483750.jpeg

[PR]
by studio-kaya | 2018-01-27 10:47 | つれ